Menu

125

カードローンやキャッシングといったお金を借りる方法を探しているという場合に、銀行にお金を借りると金利などさまざまな面でメリットを得られます。

お金を借りる場合、消費者金融系にするか銀行系にするかを選ぶ必要があり、そのためにはどういったメリット・デメリットがあるのかを知っておいた方が重宝します。

利用する際にはメリットとデメリットを把握していないと、利用した後で返済が大きな負担になってしまったり、必要なタイミングで利用できなくなってしまう可能性もあります。

銀行を利用してお金を借りると、どういったメリットがあるのでしょうか。まず挙げたい大きなメリットとして、借り入れ限度額が高めに設定されているというものがあります。

事業主がお金を必要とする場合、どうしても大きな金額必要となる事が多いですから、限度額が低いと複数の業者から借りる事になって返済が大きな負担になってしまいます。

また、銀行系キャッシングは総量規制の対象外となっていますから、その人の年収の3分の1以上の金額であっても借りる事ができるという点もメリットです。

総量規制の対象外というのは銀行系ならではのメリットですから、一度に多額のお金を借りる必要があるという場合は銀行でお金を借りた方が便利となります。

また、銀行でお金を借りた場合は金利の低さもメリットになります。一度に高額のお金を借りやすくなっている分、金利が高くては返済しにくくなる可能性も考えられます。

銀行系キャッシングでは消費者金融系の金利が最大18%程度であるのに対し、最大でも15%ほどと低めに設定されています。もちろん業者によって金利に違いはありますが、基本的には消費者金融系の業者よりも低めの金利で借りる事が可能です。

複数の銀行系キャッシングを選ぶ時に、より金利の低いところを選ぶようにすると、高額のお金を借りた場合でも返済がしやすく重宝します。

一方でデメリットとして、審査に時間がかかる事と審査が厳しめであるという点が挙げられます。銀行系キャッシングの場合、審査にかかる時間が最長で1週間かかる場合もあり、急いでお金が欲しいという場合には向いていません。

また限度額が高めに設定されている事から、借りる人に返済能力があるかどうかの審査が厳しめになっています。

基本的には収入が不安定であったり、勤続年数が少ない、他の業者で返済が滞ったり債務整理を行ったという情報がある場合は審査に通りません。

しかしこういった条件のある方は、通常の消費者金融系であっても審査に通らない場合もありますから、特別に厳しいという訳ではありません。ただ、やはり消費者金融系で審査に通らなかった場合は銀行系の審査に通るのは難しいでしょう。

銀行カードローンの限度額の仕組み

カードローンには、大きく分けて

  1. 銀行系
  2. 信販系
  3. 消費者金融系

のものが存在しています。

それぞれの仕組みは、ほぼ同様のものですが、銀行系と比べてみると大きく三つの異なる点があります。

一つ目は、銀行系は比較的金利が安い事が挙げられます。そして、銀行系は総量規制の範囲外である為、借り入れの際の限度額の最高額が高いというところも大きなポイントです。

金利が安く、融資額が多いとくれば、利用者にとってこんな良いことはありませんが、最大の難点が審査がややからめといった点が、利用者にとって一つの課題となってきます。

しかし、いったん借り入れが成功すれば、最大利用枠の枠内であれば、何度も借り入れを行えますので、利便性はかなり高いと言えるでしょう。

利用者にとって、最大のネックとなってくる審査の問題ですが、これは各銀行内での規定があり、たとえ1社に断られたとしてもほかの銀行で融資可能な場合もありますので、あまり悲観することではないでしょう。

銀行にとっての審査とは、利用者が確実に返済を行ってくれるかの判断材料であり、申込者本人の状況に問題がなければ、必ず審査が下りるはずです。

借り入れの際に、学んでおくべき点は、銀行の提示する最大融資枠が、どなたにでも適用されるものではないという点でしょう。

当然ですが、最大融資枠は審査の過程で決定されるもので、銀行によっても異なってきます。そして、最大融資枠の金額金利の関係も、必ず学んでおいでください。

借入金と金利には、相互関係があり、借入金が多くなればなるほど金利が下がり、借入金が少なければ金利が上がるという反比例の現象がみられます。

例えば、10万円から100万円の融資であれば、年利12.6%から14.6%、400万円から500万円であれば年利1.8%から6.1%といった具合に、融資額に応じて金利は反比例していきます。

何やら、高額の借り入れの方が、かなり金利が安く優遇されているように思えますが、銀行として多額の融資であっても、きちんと返済を行うとの判断で、融資額が決定されています。

その代わりに、金利が安くなっているわけですが、金利が安くとも借入金が多くなればなるほど、返済額に対する負担は確実に増えますので、上限枠ぎりぎりまで借りるのはあまり賢いやり方とは思えません。

また、取り引きの状況に応じて、融資額が増えていく場合や減っていく可能性がある事も、理解しておきましょう。

また、最近は総量規制に大変厳しくなっていますので、総量規制外カードローンを選択するのもありです。

お金に困ったら頼れる消費者金融で借り入れ

point01

消費者金融の特徴の一つが即日審査で、申込んだその日に借り入れが可能なメリットがあります。

ただ夜間の申込みだと次の日まで審査に時間がかかるケースもありますので、当日に借り入れするために何時までに手続きが必要か確認しておきましょう。

もちろん即日審査だけでなく、一定期間無利息など特徴的なサービスが色々ありますので、各消費者金融のサービス内容を比較した上で、自分の希望する条件に合った所を選択してください。

多重債務やグレーゾーン金利など、消費者金融に対して悪いイメージを持つ方もまだまだ多いですが、現在は金利も最高で18%以内に収まっていますし、借り過ぎを防止するために総量規制のルールも登場しています。

総量規制は年収の3分の1以上の借り入れができないルールなので、希望の金額を入力する際には年収の3分の1を超えないように注意してください。

後は定期的な収入さえあればアルバイトやパートの方でも借り入れできますので、本当にお金に困っている場合は遠慮せずサービスを利用してください。

他にも借り入れの手続きでわからない事があれば、インターネット上に開設されているホームページでチェックできます。

ホームページ上には実際に借り入れを行っている方の口コミ情報も多数掲載されていますので、参考のために一度目を通しておきましょう。

借り入れ時の金利が低い所を選びましょう

消費者金融を選ぶ上で重要なポイントになるのが金利です。借り入れ時の金利が低いと毎月の返済の負担が軽減されるのはもちろん、完済までの期間が短くなるメリットもあります。

インターネット上の比較サイトで借り入れ時の金利をチェックできますので、できるだけ金利が低くサービスが充実している所を選ぶように心がけてください。

以前は銀行系カードローンの方が金利が低いと言われていましたが、グレーゾーン金利の廃止によってそれほど差が無くなっています

ただ1%の差でも完済までの期間を考えると結構な金額になりますので、妥協せずに納得できるまで情報収集を行って、希望する条件に合った消費者金融から借り入れすることをオススメします。

年々お得な金利のキャッシングサービスも登場していますので、必要に応じて借り換えを検討するのも重要になります。また複数の会社から借り入れしている場合には、おまとめローンを利用することで金利を引き下げられる可能性もあります。

意外とお得な情報を知らずに無駄な利息を払い続けている方が多いので、常に自宅のパソコンで情報をチェックすることを忘れないでください。

スタッフからお得情報を聞くケースもありますが、大抵は自分自身で調べないと情報を得ることは難しいです。インターネットの普及でそれほど時間をかけずにお得情報を調べられる環境は整っていますので、上手く活用してください。

計画的に借り入れすることを心がけてください

消費者金融のキャッシングサービスが非常に便利なので、自分のお金のように気軽に借り入れを繰り返す方も増えていますが、あくまでも借金だという事を忘れてはいけません。

必要の無い借り入れをすることで無駄な利息を支払う負担が増えるのはもちろん、最悪の場合多重債務で生活が破綻してしまう可能性もあります。

以前に比べると借り入れしやすい環境は整っていますが、利用者が事前にしっかり計画を立てないと良いサービスが活かせない場合もありますので、借り入れの手続きを行う前に本当に必要かどうかをもう一度検討してください。

もちろんお金に困っているのに我慢する必要はありませんので、いざという時に頼れる所を見つけておくことが重要になります。

社会人になると予想よりも出費が多く、月末になるとお財布がピンチでやりくりしないと生活できない方も少なくありません。特に社会人になりたての頃は満足な貯金もありませんので、生活費の補填などに借り入れを利用して乗り切るのがベストです。

無担保で保証人も必要ありませんし、使い道も特に決めなくて良いフリーローンなので、趣味の旅行費用などにも是非活用してください。

キャッシングを上手く使いこなすためのポイントは、インターネット上にもまとめたサイトが沢山あります。参考のためにサイトの情報をチェックしておくと、いざという時に非常に役立ちますので、空いている時間にできるだけ目を通す癖を付けてください。

今後更にお得なサービスが登場し、今よりも多くの方が借り入れを利用することが予想されます。

年収に応じて借り入れ限度額も決められていますが、簡単な審査だけで気軽にお金を借りることができるサービスは少ないので、困った時に頼れるように普段からルールを守って利用することを心がけてください。

何かサービスに関してわからない事があればスタッフが丁寧に対応してくれますので、一人で悩まずに遠慮なくスタッフに相談してください。